死んでも謝らないフィリピーナにプッチーンってなった話

puttin

シリコンバレーに行くよとうさん(@Yobimar_gatinho)。

126049786_eba51feac9_z

セブ島生活も1ヶ月ちょっとを残して、ついにブチ切れてしまった。

しかも、めちゃくちゃ些細なことでです。

どんだけ些細かというと、散髪ができなかっただけ。

 

 

「うわぁ、ねちっこすぎ…」と思うのもわかるがちょっときいてほしい。

 

最初はただふてこかっただけ

ローカルなお店の店員はみんなやる気がない。

だって日給が日本のアルバイトの時給くらいだからだ。

 

日本のアルバイトって時給いくらなの?って聞かれたことがあった。

だいたい1時間450ペソ(900円くらい)かなっていった瞬間に

「俺の日給より高いじゃないか!」と驚愕していた。

それくらいにフィリピンの給料は安い。

 

フルタイムでせっせと働いても月給が大学生のバイト代にも満たない。

だから、みんなやる気が全くないのだ。

安かろう悪かろう精神で店員は客がきたらダルそうにする。

 

半年近く住んでたのでそれくらいは許容範囲だった。

自分が同じ立場だったらそうするから(笑)

 

普通に嘘をつく

ここの人は普通にデタラメを抜かすし、お金もぼったくろうとする。

taxi
シリコンバレーに行くよとうさん(@Yobimar_gatinho)。 最近いろんなところに出かける機会が多かったんでタクシ...

(ボッタクリの代名詞であるタクシーは今日も健在。)

 

ボッタクリは気をつければいいけど、普通に嘘をつく。

僕がブチ切れたのはナメた態度と平気の嘘だ。

 

口からデマカセ理髪店 パート1

おととい髪の毛を切ろうと近所のホテルにある美容室行った。

案の定店員はみんなケータイをいじったり、居眠りをしていた。

「Excuse me」とマネージャーらしい人に言ったら、「ちっ、客かよ」と舌打ちをかましてくる。

そんな態度で接客されると当然こっちも気が悪くなる。あたりまえだ。

 

「今日は男性の理髪師いないのよ」

とふてぶてしい態度で目も合わせずに言ってきた。

「じゃ、いつ来ればいい?」と聞くと、

「明日ね、うん明日」

 

たまたまお休みだったんだなって思い、その日は何も気にせずに帰った。

それにしてもあのマネージャーふてこいな。それくらいだった。

 

口からデマカセ理髪店 パート2

次の日になって同じ店にいって同じマネージャーに散髪をお願いすると

「今日は男性の理髪師がいないのよ」

相変わらずフェイスブックのメッセンジャーを打ちながら昨日と同じことを言ってきた。

「君、名前は?」

「メアリー」

さすがに、疑念を感じた僕は名前を聞いておいた。

 

一番都合のいい時間に利用できるお店はここしかないので、苛立つ心をぐっとこらえて日を改めることにした。

 

帰り道にそのお店の男性の理髪師が普通にお店に入っていくのを目撃した。

ほうほう、なるほどな。

 

口からデマカセ理髪店 ファイナル

そのまた次の日もめげずに来店。メアリーはRPGの村人のように

「今日は男性の理髪師がいないのよ」と言ってきた途端に

「メアリー。お前、昨日もおとといもそういったよな? あと理髪師普通にそこおるやん」

理髪師は仕事する気マンマンだったが、メアリーはビサヤ語でその人を止めた。

 

そこで以前よりももっと図々しい態度で

「そんなこと言った覚えないわ。特別に値段の倍払うならやってあげるわ」

 

 

プッチーン。

puttin

 

 

 

死んでも自分の非は認めない

彼らからすると人前で怒られることは最大の屈辱らしい。

というか、マジで自分が何で怒られているのかわからないという表情だった。

キレてる割に丁寧に状況を噛み砕いて説明してあげても知らん顔をかましてくる。

無駄だなと思った僕はくだらんことで人を怒らせるなとだけ言って帰った。

 

今考えてみるとくだらないことだった。

ただどうしても嘘とナメた態度が気に入らなかったのでスッキリしたのもある。

 

さいごに

海外で生活していると、必然とマイノリティグループになる。

日本人は金持ってるし穏やかだからカモいと思っている。

 

僕がここで言いたいのは海外だからこそ「まぁまぁまぁ」で終わらせるのじゃなくてしっかり主張するクセをつけて欲しいということ。

 

やられっぱなしだと何も変わんないっすよ。

 

 

以上、しょうもない出来事のなかで偉そうに語ってしまいました(笑)

 

関連記事

スクリーンショット 2017-08-22 14.16.11

よとうさんどっとこむは日本語と韓国語で更新していくことになりました。

13880259_277417642638026_8511564530205786504_n

安藤美冬さんのトークイベントに行ってきて思ったこと

Shut-up-and-take-my-money

あと1週間で帰るから、セブ島留学のブラックな面を晒します

dameda

セブ島カフェノマドのダメダメあるある~3選~

blog

僕のインタビュー記事にイケハヤ砲がきたのでツッコミをいれてみた

blog1

伝説の師弟コンビによるプログラミングイベントが再び....