オーストラリアの公園で野宿したことから始まった本当の自分の人生 その3

wanderer-people-man-sleep-tramp-homeless

長ったらしい遍歴から現在まで

シリコンバレーに行くよとうさん(@Yobimar_gatinho)。

ホームレス生活からの

wanderer-people-man-sleep-tramp-homeless
ブログを更新しなかった間色んなことがあった。 シリコンバレーに行くよとうさん(@Yobimar_gatinho)。 最近本当に色んなこと...

 

学生という枠で一番がんばった学生会の運営からの

wanderer-people-man-sleep-tramp-homeless
どん底からの逆転ホームランをかましてきた シリコンバレーに行くよとうさん(@Yobimar_gatinho)。 昨日は大学での単調な日々...

 

今回の

波乱の就職活動から今(セブ島)までの話で一区切りをつけたい。

 

特に今日の話では

就活をしている人とか進路に悩んでる人が見てくれたらなって思っている。

 

ついに就活生へ

めちゃくちゃ大変だったけど、めちゃくちゃ楽しかった

学生会の会長という立場が終わって就活生となった。

茶髪や金髪だった友達の髪色が全員黒になったことを

ケラケラ笑っていたけどいざ自分にもこうなる瞬間がやってきた。

 

チャラそうなやつらが一気に七三分けスタイルに変身し

化粧が濃かった女の子たちは誰だか見当がつかない顔になっていたことに

就活の恐ろしさを感じたのは今でも覚えている。

 

 

大学の就活セミナーではバリバリやる気だった

僕の志望業界は商社とメーカーだった。

いろんな国を舞台に活躍したいと思ったことが一番にあったからだ。

しかも、オーストラリアでの経験から英語も自信があったし

学生会で会長としてバリバリ働いて経験もあったから

もう自分にはうってつけの業界だと思っていた。

セミナーも朝イチに会場について席も一番前の場所を取っていた。

やりたいことはやってきた。あとは、バリバリ働くだけだ。

当時の僕はこういう考えだった。

 

 コピペ就活生

セミナーから選考へ進むにつれて疲れが出てきた。

正直やってることとか会う人たちがみんな同じだからだ。

強いて言うなら違いは出身大学くらいかな?

みんな言うことも表情も一緒だった。

同じ髪型に同じ服装で

ニコニコして積極的に手を上げて

考えなくても出てくるようなコメントを連発してた。

で、選考が終わるとみんなしっかり本来の自分の姿に戻ってた。

僕もそうだったけど、まだまだ力を入れてがんばってた。

で、なんだかんだ大手の最終面接を数件勝ち取ることができた。

 

よとうさん就活やめたってよ

最終面接といえば入社の意思確認ってよく言われている。

 

 

 

んなわけあるか

結論から言うと僕は最終面接全て落ちた。

 

 

最終面接では面接官が必ず聞いてくる質問は

「よとうさんは中国語は話せますか?」だった。

唖然とした。僕のことを中国人と勘違いしているのかと思うほどだった。

 

「今は話すことができませんが、仕事をする上で必要であるならば一生懸命学びたいと思っております。」

 

こう答えると、

「別に中国語話せない外国人を雇おうとは思わないんですよね」

これが絶対きた。

 

一社くらいならその会社が最低な会社だったで済むけど

最終面接を受けた会社のほとんどがこんな感じだった。

 

もちろん内定はもらってない。だから、決めた。

 

こんな連中と働くくらいなら自分でやってこう

 

 

ふと思い出した海外生活、そしてフリーランスへ

いざ、就活をやめた時には何をしていこうか全くわからなかった。

ただ、就活中ずっと思い描いていたのは

「世界を舞台に活躍すること」だった。

その途端に、オーストラリアでの生活を思い出した。

 

green-camper-on-promenade-with-palm-tree-and-sea-in-background
お久しぶりです! またもや更新さぼってしまいました。 いっそのこと毎日しますとか言わなきゃよかったと思い始めたよとうさんです...

 

そうだ、手に職をつけよう。

そこから、家に引きこもって方法を探す日々が続き

最終的に海外で需要が爆発的に高いプログラマーを志した。

そこからフリーランスとして修行ができる環境を見つけて今に至ってる。

 

生き方なんて十人十色

最後の方はけっこうざっくりだったけど

プログラミングの勉強をがんばって、

あるスタートアップ企業で仕事を最高に楽しんでいる人たちの下で

アルバイトしていたくらいだったので詳しくはまた今度書こうと思う。

改めてブログを書きながらどういった経緯で

今の自分がいるのかを考えてみるとなかなか面白かった。

 

読んでくれている人たちに

就活生や生き方に疑問を感じている人がいたら

伝えたいことは

 

死ななけりゃ道はいくらでもある

 

 

 

仕事なんて世の中いっぱいあるからね。

無けりゃプログラミングとデザインの勉強してください、仕事振ってあげます。

 

 

ツイッターのフォローはこちらから(@Yobimar_gatinho)

関連記事

lifehack_ti_header

『ライフハックで行こう!』公式オフ会を開催いたします@大阪

techcamp

[メディア掲載]TECH::CAMPの僕のインタビュー記事が掲載されました!

eyecatch

日本に帰ってきて1ヶ月たったので何してたのかをまとめる

1473926457-7000x5000-png-10-000010-02259

宮森勇人のTシャツのデザインをパクってオリジナルパーカー作ったった

wanderer-people-man-sleep-tramp-homeless

オーストラリアの公園で野宿したことから始まった本当の自分の人生 その1

y

よとうさんどっとこむがフリーランス留学のプロモーターになりましたよ。