日本でくすぶってるって感じてるならセブにカモン

703c561aaaac2b17dba28106505fe713_s

ホームパーティーからこんばんは

シリコンバレーに行くよとうさん(@Yobimar_gatinho)。

今、セブで仕事を頑張っていた友達の送別会の真っ只中。

ありがたいことにパーティーに参加している方々が

僕のブログを楽しく読んでくれているとのこと。

その中でめちゃくちゃ気の合う大先輩が

「うちの若い連中はよとうさんを見習うべき」

と、めちゃくちゃうれしいことを言っていただいた。

でも、くすぶっているくらいならこういう機会が多い海外に

行くべきだなとはかなり本気で思っている。

wanderer-people-man-sleep-tramp-homeless
ブログを更新しなかった間色んなことがあった。 シリコンバレーに行くよとうさん(@Yobimar_gatinho)。 最近本当に色んなこと...

この記事の序盤に書いてある通り、海外だとチャンスは本当に多い。

 

 

海外にいるとチャンスが多い?

多い、これはマジで言えてる。

日本ではそっとやちょっとでは会えないような人と

会える機会がめちゃくちゃ多い。

著名な人だって気がついたら一緒にカンパイしてるくらいだ。

それくらい色んな人に会える。

そこからお仕事の話….となれば

あなたも立派に海外で事業をしているビジネスマンだ。

 

 

ポンポンとそんな機会に出逢えるワケ

海外に出た時点で日本人はマイノリティになる。

つまり、日本人社会が一気に狭くなるということだ。

特にセブに限って言えば

友達の友達は語学学校の社長さんだったりする。

(そんなことも知らずウェイウェイと乾杯を

かましていたことを考えると酒の席は無礼講なんだな。)

改めて、世間の狭さというものを思い知らされることになる。

 

 

実際に僕がここでいただいたお仕事の話

フリーランス(IT・翻訳)の僕にとっては、

求められているのがドンピシャだったことが多かった。

おかげさまで、新卒フリーランスで自分のペースで仕事をしているが

しっかり社会人としてのお金は稼げている。

あと、まさに今日かなり規模のでかいお仕事の

パートナーシップをいただくことができたので

これからはフリーランスという枠を越えて

事業を運営する形でお仕事をしていく可能性も出てきた。

そうなったとしても、

『よとうさんどっとこむ』はなくならないの安心してほしい。

 

 

まとめ

今日はパーティーの真っ只中ということもあって

ウルトラざっくりな記事になったかもしれないが、

日本で単調な毎日にくすぶっているくらいなら

海外に出て来ないか?

短期間だっていい。

ちょっとくらいサイフのヒモをゆるめて

日常から離れて見るべきだと思う。

視野が広がって考え方にスパイスが付け加えられることは

間違いない。

関連記事

taxi

海外タクシーのぼったくりを回避する方法

ceburb2

またまた海外でプログラミングの勉強会を主催させていただきました。

eyecatch

パククネさんが歴代最低支持率記録したので彼女の業績をまとめた。

blog

残りの4週間やりたいことをまとめてみた

eyecatch

よとうさん韓国に帰るってよ。

324408

セブ島でRuby on Railsの勉強会を開催しました!